★指原莉乃 出演★ 2012年7月5日 HKT48チームH公演

HKT48劇場 / HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演

18時31分開演 / 20時33分終演

■出演メンバー
チームH: 穴井千尋植木南央熊沢世莉奈兒玉遥古森結衣指原莉乃菅本裕子田中菜津美中西智代梨松岡菜摘宮脇咲良村重杏奈本村碧唯森保まどか若田部遥

研究生:
仲西彩佳深川舞子

※画像はamazonにリンクしています。


■休演
2名休演 (下野由貴谷口愛理)

下野由貴深川舞子
谷口愛理仲西彩佳

■開演前の陰アナ
指原莉乃 「ハイ、みなさん改めましてこんにちは、HKT48、指原莉乃です」客、拍手

「本日は初めてHKT48の舞台に立たせていただくのですけど、すごく緊張してるのですけど、 みなさんどうでしょう? 盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「盛り上がる準備できてますか?」客、拍手

「すごく緊張してるので、みなさんの元気で私の気持ちを上げてください。ということで間もなく開演です。 さっしーこと指原莉乃でした」客、拍手

■開演
◆M00.overture (HKT48 ver.)

◆M01.僕らの風 (歌詞)
◆M02.マンゴー No.2 (歌詞) (タイトルの声出し:兒玉遥)
◆M03.手をつなぎながら (歌詞)
◆M04.チャイムはLOVE SONG (歌詞)

■MC1 自己紹介
兒玉遥 「みなさんこんばんは!HKT48」
みんなで 「チームHです」客、拍手

兒玉遥 「私たちHKT48チームH初めての公演「手をつなぎながら」が始まりました」客、拍手

僕らの風マンゴー No.2 (歌詞)、手をつなぎながらチャイムはLOVE SONG (歌詞)、4曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

兒玉遥 「そして本日からHKT48チームHに指原莉乃さんを迎えて、これから17人で活動を行っていくことになりました」
メンバーたち 「イェー」客、拍手
指原莉乃 「よろしくお願いします」

兒玉遥 「指原さんを迎えてパワーアップした新生チームHをこれからもよろしくお願いします」
みんなで 「よろしくお願いします」客、拍手

兒玉遥 「ただいま私たちに聞きたいことを劇場入り口とHKT48モバイルサイトで募集しています。 みなさまからの質問に答えながら1人ずつ順番に自己紹介をさせてください。今日のお題は 私のヘタレなところです」客、ざわw

「それでは熊沢世莉奈ちゃんからよろしくお願いします」

※ HKT48モバイル:フィーチャーフォン / スマートフォン

【1列目 下手側から】
熊沢世莉奈 「HKT48のおしゃれ番長になりたい、せりーぬこと熊沢世梨奈です」

「私のヘタレな部分は、私は怖い映像を見たら繰り返し頭の中で流れるというか、思い出すので、 夜1人でトイレとかお風呂に行けないので、眠そうな3歳の弟を起こして、行きます。 それではみなさん一緒に言ってください。今日も一緒に」客「がんばーりーぬ!」

指原莉乃 「大分県出身、さっしーこと指原莉乃です。よろしくお願いします」

「指原はですね、本日から正式にHKT48劇場に出させていただくことになりました。 まだチームは未定なんですけど、みなさんに一刻でも早くHKT48の一員と認めていただけるよう、 精一杯がんばります」

「そんな私のヘタレな部分は、全部です。これからもヘタレな部分を維持して、大切にしていきたいと思います。 最年長なので、シンディのようになるので」客、軽くw

「しっかりお局キャラを努めたいと思います」


兒玉遥 「今日の気分はハッピーハッピー」客「はるるっぴー!」

「毎日ハッピー! 博多の妖精、はるっぴこと兒玉遙です」

「私のヘタレなところは、新生チームHになったので、指原さんのことをさっしーと呼ぼうと思ったんですよ。 楽屋で「さっしー、、さん」って」
指原莉乃 「今呼んでみて」
兒玉遥 「。。さっしー」
指原莉乃 「かわいい。ありがとう」
兒玉遥 「これから呼びたいと思います」

松岡菜摘 「ホルモンが、食べたーい! ホルモンが大好きな平成8年8月8日、 8・8・8生まれの15歳、福岡県出身のなつこと松岡菜摘です」

「私のヘタレな部分は人見知りなので、第一印象は怖いと言われるのですけど、実は犬が怖くて、 ちっちゃい犬も怖くて近づけないところです」

村重杏奈 「(ロシア語で何か話した後に) ロシアとのハーフのあーにゃこと村重杏奈です」

「私のヘタレなところは今日学校に行ってきたんですよ。宿題を忘れてしまって、先生に怒られるの嫌なので、 トイレに入って、5時間目までずっと座ってた自分がヘタレだなと思いました」客、ざわ
指原莉乃 「マジ?」客w

以上、捌ける

【2列目 下手側から】
森保まどか 「あなたの心を惑わせたい、博多のミステリアスガール、長崎県出身、14歳、まどかこと森保まどかです」

「私のヘタレな部分は基本ヘタレではないのですけど、なつこと松岡菜摘ちゃんと同じくらい犬がちょっと苦手で、 ほんとにちっちゃい犬でも「怖い怖い」ってなってしまいます。違う違う、そんなキャラじゃない」客、軽くw

仲西彩佳 「肉まん・カレーまん・あやきゃんまん あなたが好きなのは?」客「あやきゃんまん!」

「まずいって言ったらあやきゃんパンチ! あやきゃんまんこと仲西彩佳です」

「私のヘタレだと思うことは、けっこう前に友達とどっちが先に雑草を食べれるか勝負してたんですよ」客w

友達が食べても1ヶ月後にしか食べれなかった私はヘタレだなと思います」
メンバーたち 「食べちゃダメ」

宮脇咲良 「あなたも、あなたも、みーんなの心に」客「さくら咲けー!」

「鹿児島県出身、宮脇咲良、14歳です」

「私がヘタレだと思う自分は、ある時友達に30分くらい小指をずっと踏まれてて」客、反応
メンバーたち 「いじめ?」
宮脇咲良友達、気づいてなかったんですけど、「踏んでるよ」と言えなかった自分がヘタレだなと思いました。 夜、家に帰って見ると、小指が親指になってました」

古森結衣 「ういのウインク、ハイどうぞ! 山口県出身、14歳、ういたんこと古森結衣です」

「私のヘタレだと思う部分はファミレスに行った時に違うものが出てきたんですよ。 「すみません、違います」と言えずに、そのままでいいやと思う、しぶしぶ食べてしまった自分がいました。 でもちゃんと完食しました」

本村碧唯 「福岡を信号の色で表します。赤は明太子、黄色はとんこつラーメン、青はやっぱり?」客「あおい!」
 
「福岡県出身、15歳、あおいこと本村碧唯です」

「私がヘタレだなと思う時は薬を飲む時にどうしてもゼリーに頼ってしまうことです」
メンバーたち 「かわいい」
本村碧唯 「私にとってゼリーはお薬よりゼリーのほうが命の恩人だと思います」

深川舞子 「みなさんの前にも笑顔と幸せが」客「まいこむ!」

「福岡県出身、今日で13歳になりました、深川舞子です」客、拍手大&おめでとう!

「そんな私がヘタレだと思うところは、ジェットコースターが苦手なんですけど、幼稚園の時、 お父さんに無理矢理ジェットコースターに連れて行かれて、すごい速いのだったので、それから無理になりました」

以上、捌ける

【3列目 下手側から】
穴井千尋 「博多のクールビューティー目指すっちゃん! 福岡県出身、16歳、ちひろんこと穴井千尋です」

「私はですね、ヘタレと思ったのは、博多のクールビューティーはヘタレなところはないと思ってたのですけど、 今日朝くる時に占いを見て、11位だったんですよ。みずがめ座なんですけど。 ラッキーアイテムに充電器と書いてて、ここだけの話、充電器をここまで持ってきてしまいました」

植木南央 「みーんなを笑顔にするっちゃん、片っぽえくぼがチャームポイントの14歳、なおこと植木南央です」

「私は自分でヘタレだなと思うところを探したのですけど、なくて、スタッフさんに訊いたんですよ。 そしたら声がヘタレと言われたんですよ」客w

「私の声が枯れてるわけじゃありません。むしろ万全の状態です」

若田部遥 「スリー!ツー!わっかはるゴー! 福岡県出身、13歳、わかはること若田部遥です」

「私はヘタレと思うところは、もしかしたらヘタレかもしれないのですけど、絶対に怖そうな人に近づきません。 だからHKT48のレッスンが始まって2週間くらい松岡菜摘ちゃんに近づきませんでした。でも今は仲良しです」

菅本裕子 「HKT48 博多で一番マイペース、ゆうこすこと菅本裕子です」

「裕子はですね、けっこうグラビアを雑誌でやらせていただいてるのですけど、雑誌に出る度に家に帰ったら、最初はパパが冷蔵庫に貼ってたんですよ。 冷蔵庫はまだ面積が小さいんですけど。それが、玄関になってたんですね。それを見て恥ずかしがる自分がヘタレかなと思います。 最近、額縁に入れてリビングにまできてしまったので、そろそろやめて欲しいなと思います」

中西智代梨 「朝からすき焼き大丈夫! スタミナ満点! 福岡県出身、17歳ちょりこと中西智代梨です」

「私のヘタレな部分は、ヘタレ、あの、申し訳ございません。ヘタレな部分、考えても考えても出てこなくて。 ヘタレな部分はないと・・・」両膝少し開き、脚ぶるぶると震える

「別にヘタレとかじゃないんで」客、軽くw
田中菜津美 「締めよう」客w
中西智代梨 「今日も1日よろしくお願いします」

田中菜津美 「福岡県出身、HKT48最年少、なつみかんこと田中菜津美です」

「私のヘタレな部分は夏休みの宿題が引き出しから出てきたのを見て、お腹がピーピー」
菅本裕子 「去年の?」
田中菜津美 「そう。思い出しただけでピーピーします」

「HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、以上のメンバーでお送りします。 ここからは様々なユニットの登場です。まずはこのユニットから」


◆M05.Glory days (歌詞) (指原莉乃兒玉遥村重杏奈)
(BD:森保まどか宮脇咲良松岡菜摘古森結衣本村碧唯深川舞子)
◆M06.この胸のバーコード (歌詞) (穴井千尋菅本裕子中西智代梨)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (歌詞) (植木南央(黄)・宮脇咲良(ピンク)・本村碧唯(青))
◆M08.雨のピアニスト (歌詞) (熊沢世莉奈松岡菜摘森保まどか)
◆M09.チョコの行方 (歌詞) (若田部遥植木南央古森結衣田中菜津美)

■MC2
若田部遥植木南央田中菜津美古森結衣

植木南央Glory days (歌詞)、この胸のバーコードウィンブルドンへ連れて行って雨のピアニストチョコの行方、5曲続けて 聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

古森結衣 「昨日大雨が降ってたのですけど、その日学校に行った瞬間、廊下がすべり過ぎて、しりもちをついたんですね」
メンバーたち 「学校の廊下ってすべりやすいよね」
若田部遥 「今日は私たち全員小中学生ということで、学校あるあるをしていきたいと思います」客、拍手

メンバーたち 「チョコ失礼します」

# チョコの箱をステージに置く

若田部遥 「じゃ〜、いい? セッツ」
メンバーたち 「ラジャー」

植木南央田中菜津美 → 下手側へ
若田部遥古森結衣 → 上手側へ

若田部遥古森結衣 「その1」
若田部遥 「今日は実力テストです」
古森結衣 「がんばるでー。これはA、まる。これもA。これはB?いや、Aだよね。。。これも・・・Aになっちゃった」
若田部遥 「マークシートの答えが5問連続で同じだと不安になる」客、軽くw

「○×問題で全部×とか。○×○×になってるとか」

植木南央田中菜津美 「その2」
植木南央 「全然わからなかった」
田中菜津美 「テスト返します」
植木南央 「40点以下かもしれない。 (テスト用紙を受け取る)。。。」
田中菜津美 「ほんとにテストが40以下だったら、凹む」客w
若田部遥 「自信無いとか言ってても、内心自信あったりするよね」

若田部遥古森結衣 「その3」
若田部遥 「この教室のガラスを割った人?」
古森結衣 「誰?」
若田部遥 「今回のことは先生の胸に秘めておくから、正直に言いなさい」
古森結衣 → 顔を伏せ、そーっと手を上げる
若田部遥 「次の日、みんな知っている」客、軽くw

植木南央田中菜津美 「その4」
植木南央 「ほら、金魚がいるよ」
田中菜津美 「かわいいね」
植木南央 「キーンコーンカーンコーン。席に着くね。クラスで飼ってる金魚の餌を食べたくなる」
メンバーたち 「いないよ」
田中菜津美 「ドッグフード食べる人いるじゃん」
古森結衣 「いないよ」

若田部遥 「本日は学校あるあるを話したのですけど、みなさんも学生時代の頃を思い出して、共感していただけたら嬉しいです」

古森結衣 「ということで、後半なんですけど、後半、盛り上がっていただけますでしょうか?」客、拍手

若田部遥 「HKT48 チームH 1st「手をつなぎながら」公演、まだまだ続きます」


◆M10.Innocence (歌詞)
◆M11.ロマンスロケット (歌詞)
◆M12.恋の傾向と対策 (歌詞)

■MC3
前半:本村碧唯穴井千尋森保まどか中西智代梨兒玉遥田中菜津美植木南央熊沢世莉奈

森保まどかInnocenceロマンスロケット恋の傾向と対策、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手

兒玉遥 「今日は私が司会をしたいと思います。新生チームHになったということで、挑戦したいことについて」

「私は指原さんがやってたぐぐたす300回更新を超えてみたい。いつかできるといいな。こんな感じで」

穴井千尋 「私は指原さんとバンジージャンプをやりたい」客、軽くw

「度胸試しというか、やってみたい」
植木南央 「あおいたんやりーぬは怖がりそうじゃない?」
本村碧唯 「怖いよ」
熊沢世莉奈 「南央も泣きそう」
誰か「高所恐怖症だよね?」
植木南央 「死にそう」
田中菜津美 「みんな怖い怖いって・・・」
兒玉遥 「小6に言われちゃったよ。ちょりが一番飛べなさそう。実はヘタレさん」
中西智代梨 「ジャンジー、、」客w

「バンジージャンプはグッドラックですよ」
兒玉遥 「ほんとに飛べるの?」
中西智代梨 「飛べる」客w
兒玉遥 「その自信はどこから」
中西智代梨 「どこからだろう」

「みんな私のこといじってるじゃん。いじられキャラになってるけど、つっこんで見たい。 指原さんにパってつっこんでみたい」
兒玉遥 「まずは南央ぐらいから」客、軽くw

「いきなりするの怖いから、まーちゃん手本してみて」

植木南央 「1+2+3+ぐぐたす」
森保まどか 「なんでやねん!」客、拍手
メンバーたち 「今のお手本」「智代梨ならいける」

植木南央 「帽子を被った消防士」
中西智代梨 「お前、やめたい?」客w
兒玉遥 「意外と上手じゃない?」

「もう1回やろう」
植木南央 「チアガールが立ち上が〜る」
中西智代梨 「。。座れよ」客w
メンバーたち 「南央の引き出しの多さ」
兒玉遥 「こんな感じで指原さんにつっこみしてみたり、いろんなことに挑戦してみたいと思います」

熊沢世莉奈 「次は後半チームです」客、拍手

# メンバーチェンジ

後半:菅本裕子深川舞子仲西彩佳若田部遥松岡菜摘村重杏奈指原莉乃古森結衣宮脇咲良

指原莉乃 「出て行くスピードが速い」客、軽くw

菅本裕子 「今日から指原さんと同じMCなんですが、指原さん、自己紹介の時、チーム未定って言ってたのですが、チームHですよ」
指原莉乃 「さっきのサプライズ発表なの?」
菅本裕子 「支配人?」
指原莉乃 「私、チームHでいいんですか?」
佐藤支配人 → OKポーズを出したらしい (客、拍手)
菅本裕子 「今日からチームH、17人になりました」

指原莉乃 「もちろんみんなの名前や顔はわかるのですけど、詳しい性格を知りたい」

「言いたい人?」
メンバーたち 「ハイ!」

村重杏奈 「とにかくグイグイいきます」
指原莉乃 「HKT48の円陣の時、自分の名前を言いたがってる人がいるって話題になったことがあった」
村重杏奈 「あーにゃって言ったら盛り上がるかなと思って」
指原莉乃 「こういう空気になったんだけど、大丈夫? グイグイの村重さんね。よろしくお願いします」

「言いたい人?」
メンバーたち 「ハイ!」
村重杏奈 「ハイ!!」
指原莉乃 「もういいよ」客w

古森結衣 「私はアイドルが好きなんですよ。ということで、ヲタ芸を教えてください」
村重杏奈 「私も教えてください」
指原莉乃 「事務所に禁止されてるんですよ。でも、いっか」客、拍手
村重杏奈 「私も動画を見て練習してきたんですよ」
指原莉乃 「じゃ〜、ロマンス打つ?」

「ロ・マ・ン・ス・・・ (披露)」客、拍手

「これが秋葉原仕込ということで」
村重杏奈 「教えてください」
指原莉乃 「今度楽屋でやろう」
菅本裕子 「悪影響・・・」

宮脇咲良 「私、真面目なんですよ」
指原莉乃 「そんな感じするね、さくらたん。今キモイって思ったでしょ?」客w

「さくらたんって、なんとかなんとかなんです♪なんとかなんとかなんです♪なんとかなんとかなんです♪ とか思ったら、「おはようございます。よろしくお願いします。」って、意外だったんです」
宮脇咲良 「はっちゃけ方を教えてください」
指原莉乃 「それはこっち(村重)に聞いたほうが」
村重杏奈 「杏奈が教える」
指原莉乃 「村重さんみたいな人に・・・」

「(宮脇に)そういう人が1人いたほうが安心するから」
村重杏奈 「杏奈がいるから」
指原莉乃 「OK、わかった」客w

若田部遥 「私は親がプロ野球選手なので、野球の話を振られることが多いのですけど、得意なスポーツは水泳とスキーです」
指原莉乃 「お父さん泣いちゃうよ。お父さんは何て言ってるの?」
若田部遥 「別に。弟がいるので」
村重杏奈 「弟に継がせればいい」
指原莉乃 「家業じゃないんで。野球の若田部さんね」

仲西彩佳 「ニックネーム「あやきゃんまん」と言うのですが、長いんですよ。自分のニックネームにプライドはないんですよ」客、反応

「別にあやきゃんでも。(何かいい呼び方でも)」
指原莉乃 「コールは?」
仲西彩佳 「あやかとか」
指原莉乃 「昔、片山陽加さんが自分のこと「かたはる」って呼んでって言ってたけど、誰1人呼んだことなかった」客、軽くw

「小森も「みかぽん」って、1人も呼ばなかった」
仲西彩佳 「OKです」
菅本裕子 「指原さんは「りのちゃん」ですよね?」
指原莉乃 「ほんとは「りのちゃん」って好きじゃないんですよ。そう思ったらそこにうちわ持ってくれてる人がいる。 プライドがないあやきゃんまんね」

深川舞子 「私はこう見えてタラコ唇がチャームポイントなんです」
指原莉乃 「どう見てもそうだよ」客w

「私、唇に毒長のある人と仲良くなれると思う。唇厚い人と一番仲良しだから」
村重杏奈 「私、明太子、焼き明太子ギャグできます」

「(ポーズ交え)明太子! たらこ 焼かれて焼き明太子!。。」
指原莉乃 「それ週刊AKBで見た」客w
村重杏奈 「進化したんですよ」
指原莉乃 「メンタル強いんだね」客w

「すごいいいと思う」

菅本裕子 「裕子は元最年長キャラで」
指原莉乃 「ごめんなさい、その節は」客w
菅本裕子 「しかもいじられキャラでした。(指原さんと)被ってません?」
村重杏奈 「でも裕子ちゃんのほうが断然胸がデカイんで」客w
指原莉乃 「後で楽屋で打ち合わせしよう」
菅本裕子 → 裕子のこと覚えてくれましたか?
指原莉乃 「もちろん覚えたよ。これからもっともっとメンバーと仲良くなっていきたいと思います」

「今日からチームHになって、いつかメンバーにも、HKT48のファンのみなさんにもこう言っていただける時がくるといいなと思います。 それでは聴いてください。大好き


◆M13.大好き (歌詞)


曲終了後、
兒玉遥 「ありがとうございました」
メンバーたち 「ありがとうございました」

# メンバーたち捌ける


■アンコール
普通に「アンコール」が行われた


◆EN01.ロープの友情 (歌詞)
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝 (歌詞)

■2分半映像 (スクリーン上映)
兒玉遥 「今回の2分半映像はHKT48に移籍が決まった指原さんのことをもっともっと知ってもらうために(私たちから質問したいと思います)。 指原さんに登場してもらいましょう。自己紹介よろしくお願いします」
指原莉乃 「改めまして、HKT48の指原莉乃です。よろしくお願いします」
メンバーたち 「イェー」客、拍手

兒玉遥 「メンバーが次々と質問していきます」

松岡菜摘 「指原さんが博多にきて一番最初にやったことは?」
指原莉乃 「空港で手荷物を受け取りました」客、軽くw

植木南央 「博多で一番好きな場所は?」
指原莉乃 「もちろんHKT48劇場です」

熊沢世莉奈 「博多での思い出は?」
指原莉乃 「℃-uteの握手会に行ったことです」

宮脇咲良 「博多でやりたいことは?」
指原莉乃 「さくらたんにサシハラスメントしたいです」

若田部遥 「好きなプロ野球チームは?」
指原莉乃 「。。福岡ソフトバンクホークスです」ちょっとぎこちなく(客、軽くw)

村重杏奈 「推しメンを教えてください」
指原莉乃 「村重以外です」客w

本村碧唯 「チャームポイントはどこですか?」
指原莉乃 「目の中にほくろがあることです」客、反応

田中菜津美 「HKT48メンバーになんて呼ばれたいですか?」
指原莉乃 「さっしーと」

古森結衣 「この劇場を見てひと言」
指原莉乃 「ういたんがちっちゃい」客、軽くw

穴井千尋 「HKT48の印象は?」
指原莉乃 「めっちゃ元気。楽屋めっちゃ元気だった」

深川舞子 「今嵌ってることは?」
指原莉乃 「寝ることです」

中西智代梨 「得意なモノマネは?」
指原莉乃 「セミの鳴き真似です」そして、鳴き真似披露

森保まどか 「ソロでワンフレーズお願いします」
指原莉乃 「♪それでも好きだよ」

菅本裕子 「指原さんから私に質問してください」
指原莉乃 「えっ? すごいいい体してますね」客w

兒玉遥 「好きな歴史上の人物は?」
指原莉乃 「わからない。あしかがさん」客w

仲西彩佳 「かわいいポーズをしてください」
指原莉乃 「あやきゃんまんパンチ!」

兒玉遥 「みなさんも指原さんについていろいろ知ることできたんじゃないでしょうか? 今度は私たちから指原さんに向けて歓迎の言葉を送りましょう」
みんなで 「HKT48へようこそ!」
指原莉乃 「よろしくお願いします」

兒玉遥 「それでは引き続き公演をお楽しみください」

# 上映後、メンバーたち登場

宮脇咲良 「アンコールありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

宮脇咲良 「アンコール1曲目『ロープの友情』、2曲目『火曜日の夜、水曜日の朝』聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで 「ありがとうございます」

兒玉遥 「今回の2分半映像は指原さんに私たちからの質問を答えてもらいました」
指原莉乃 「さっきから思ってたんだけど、滑舌めっちゃ悪いよね? かわいい」

兒玉遥 「好きなメンバーは村重杏奈ちゃん以外と」
村重杏奈 「実際、村重以外じゃなくて、村重内」
指原莉乃 「えっ?」
村重杏奈 「村重だけ」
指原莉乃 「すげーポジティブ。いいキャラしてる。AKBINGO!に出て欲しい」客w
村重杏奈 「でも杏奈のこと好きなんですよ」
指原莉乃 「好き好き。こんなに胸がワクワクしたの、小森以来」客w

兒玉遥 「やってみたいことは、さくらたんにサシハラスメント」
指原莉乃 「さくらたんに」
兒玉遥 「サシハラスメントってなんですか?」
兒玉遥 「裕子、いっぱい触られたんです」
指原莉乃 「コンプしたいと思います」
メンバーたち 「キャー!」
指原莉乃 「ガチひきということで」客w

兒玉遥 「これからどんどん指原さんのこと知って、仲良くなっていきたいと思います」

宮脇咲良 「次が最後の曲といきたいところなんですが、今日は特別にあと1曲披露させていただいてもいいでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます。それでは聴いてください。AKB48シングルメドレー」


◆EN03.AKB48 (歌詞)シングルスペシャルメドレー
(1)風は吹いている
(2)上からマリコ
(3)フライングゲット
(4)Everyday、カチューシャ


曲終了後、
兒玉遥 「AKB48シングルスペシャルメドレーを聴いていただきました。 HKT48チームH 1st「手をつなぎながら」公演いかがだったでしょうか?」客、拍手
メンバーたち 「ありがとうございます」

本村碧唯 「ということで、次が本当に最後の曲になります。 この劇場を出ても私たちのことを忘れないでください。この曲を歌いながらあなたのことを想っています。 それでは聴いてください。遠くにいても


◆EN04.遠くにいても (歌詞)


曲終了後、
兒玉遥 「本日はご来場いただきましてありがとうございました」
みんなで 「ありがとうございました」客、拍手

兒玉遥 「この後はロビーにて、私たちから感謝の気持ちを込めて、 みなさまをハイタッチでお見送りしたいと思います。 係りの指示があるまでその場でお待ちください。それでは最後のご挨拶をしましょう」

メンバーたち → 横一列手繋ぎ
兒玉遥 「せ〜の」バック、「せ〜の」前進
メンバーたち 「ありがとうございました」お辞儀(客、拍手)

BGM → 手をつなぎながら

# メンバーたち手を振りながら捌ける

指原莉乃 → ステージに1人残り、 「これからみなさんに認めていただけるように精一杯がんばりますので、これからも指原莉乃の応援よろしくお願いします」客、拍手

# 公演終了

■ハイタッチお見送り
終演後、ロビーにてメンバー1人1人順に全員と。